お客さまサポートお客さまサポート

メニュー

白ロム?赤ロム?
中古スマホを格安SIMで使う方法

あまりポピュラーな方法ではありませんが、スマホは中古で手に入れることも可能です。スマホを安く買うという意味ではメリットが大きな方法なのですが、いくつかの注意点も。このページでは中古スマホの基礎知識を解説します。

白ロム?赤ロム?中古のスマホがあるって聞いたけど……

  • 格安SIMを契約して格安スマホを使いたいんですけど、ちょっと調べたらスマホにも中古品があるんですね。同じものが新品よりずっと安く手に入るなら、中古でもいいかなと思って。でも、いざ買おうとすると「白ロム」とか「赤ロム」っていう聞き慣れない言葉が出てきてなんだか不安なんですよ。

  • 白ロムというのは、簡単にいえば「SIMカードを抜いた状態のスマホ本体」のことです。普通に使われているスマホは、内部にSIMカードが装着されていて、そこに持ち主の契約者情報が記録されているので、そのまま他人に売ったり譲ったりすることはできません。SIMカードを取り外して、誰でも使える状態にしたスマホ本体のことを白ロムといいます。

  • なるほど。それでは「白ロム=中古スマホ」ということですか?

  • SIMカードが装着されていないスマホ本体が白ロムだと考えると、新品のスマホ本体のことも白ロムといってもいいのかもしれません。しかし実際には、「スマホを使っていた人が、自分のSIMカードを取り外して中古携帯ショップなどに売却し、それが中古スマホとして売られているもの」を白ロムと呼ぶのが一般的です。

    SIMカード 元のイメージ 売却 中古携帯ショップ
  • それでは赤ロムというのはなんなんでしょう?なにかとっても要注意なもののようで、怖いんですけど……。

  • 赤ロムも中古スマホの一種です。SIMカードが取り外され、電話番号を持たない状態という意味では白ロムと同じです。違うのは、携帯電話会社によって「ネットワーク利用制限」というものがかけられているということ。ネットワーク利用制限がかけられていると、たとえSIMカードを装着しても、携帯電話回線を使った通話やデータ通信、キャリアメールといったサービスが利用できません。

    赤ロム→インターネット ×
  • ネットワーク利用制限?なんだか危険そうな言葉ですね。どんな場合にネットワーク利用制限がかかるんですか?

  • ネットワーク利用制限がかかるおもな理由として「本体代金の不払いや滞納」が挙げられます。そのほか、盗難などの不正な手段で取得されたスマホ本体にもネットワーク制限がかかります。

  • ということは、赤ロムのスマホを買っても格安SIMでは使えないということですか?

  • 条件によっては使用できる場合もあるのですが、おすすめはしません。格安SIMで中古のスマホを使いたいなら白ロムを購入したほうがいいでしょう。

まとめ

  • スマホにも中古品があり、白ロムと赤ロムに分けられる
  • 白ロムとはSIMカードを抜いた中古スマホのこと
  • 赤ロムはネットワーク利用制限がかかった中古スマホ

中古スマホ(白ロム)って安全なの?メリット・デメリットは?

  • 中古スマホは安く買えるのが魅力ですが、きちんと使えるのかどうかが気になりますね。中古スマホを買うときの注意点はありますか?

  • スマホに限らず中古品の一般的な注意点ですが、傷や汚れはしっかりと確認しましょう。また、防水パッキンが劣化して防水性が弱まっている、スイッチ部分の摩耗で反応が悪くなっているなど、経年変化による不具合も考えられます。できれば、購入前に操作するなどして、チェックをしておきたいところです。

  • スマホは毎日使うものなので、見た目や操作性をしっかり確認することは大切ですね。

  • めったにないことだと思いますが、過去に「本体を初期化しても残るウイルス」が報告されたことがありました。つまり、初期化して売られているはずのスマホが、ウイルスに感染している可能性もあるということです。中古スマホのメリットとデメリットについて下にまとめてあるので、チェックしておきましょう。

  • メリット

    新製品であっても価格が安い
    当然のことながら、同じ製品でも新品よりはるかに安く購入できます。機能はまったく同じなので、欲しい機種をとても安く入手できるというわけです。安く手に入れられるからこそ、特徴の異なるスマホをもう1台購入して用途によって使い分ける「2台持ち」もしやすくなります。
    すでに新品販売されていない機種も手に入る
    独特の機能やデザインなど、他機種にはない魅力を持つスマホが、販売終了になって買えなくなってしまうことはよくあります。そのような機種でも、中古でなら入手できる可能性があります。
  • デメリット

    バッテリー容量が低下している可能性がある
    スマホに内蔵されているバッテリーは、充電と放電を繰り返しているうちに、「フル充電の容量」が低下していきます。つまり、新品ならばフル充電で24時間使えたものが、中古ではフル充電しても10時間しか使えないといったこともありえます。特に古い機種ではバッテリー容量の低下に注意が必要です。
    保障がまちまち
    携帯電話会社で購入したスマホなら、故障時には修理保証が受けられます。また、代替機の貸出や、一定条件で新品に交換してくれるオプションが用意されていることも。しかし、中古スマホの場合、こうした携帯電話会社からの修理保証を受けることはできません。中古品の購入時には、その中古携帯ショップが提供する保証内容をしっかりチェックしておきましょう。
    ネットワーク利用制限がかかる可能性がある
    ネットワーク利用制限が、購入後になんらかの理由でかけられてしまう可能性があります。つまり、白ロムのつもりで購入したスマホが、ある日突然赤ロムになってしまうということです。

白ロムを格安SIMで使いたいときの注意点

せっかく白ロムを購入しても、選び方を間違えると格安SIMで使えないことがあります。そのようなことにならないよう、白ロムを購入する際にチェックしておくべきポイントを紹介します。なお、白ロムが使えるかどうかは、使用するSIMカードによって大きく左右されます。使用するSIMカードを先に決めておくといいでしょう。

[POINT1]SIMカードと白ロムの携帯電話会社を一致させる

購入しようとする白ロムが、もともとどの携帯電話会社で販売されていたものかをチェックしましょう。大きく分けるとNTTドコモ、au、ソフトバンク、その他に分類できます。白ロムを購入する際には、「使う予定の格安SIMの回線」と「その白ロムを販売した携帯電話会社」を一致させたほうが無難です。

格安SIMサービスを提供するMVNOは、NTTドコモ、au、ソフトバンクの回線のいずれかを利用しています。その回線と、白ロムの携帯電話会社を合わせてください。「auの回線を利用している格安SIM」を使いたい場合には、「auで販売された白ロム」を選ぶということです。なお、QTモバイルのように、3種類すべての回線を提供しているMVNOもあります。

「その他」というのは、もともとスマホ単体で売られていた製品のことで、例えば、格安SIMとセットで売られていたスマホや、海外で発売されたスマホのことです。お店によっては「SIMフリー」と表記されていることもあります。この場合は、「どの携帯電話会社に対応している製品なのか」をお店に聞くといいでしょう。

NTTドコモの白ロムだから… NTTドコモ回線の格安SIM au回線の格安SIM ソフトバンク回線の格安SIM

[POINT2]SIMカードとトレイのサイズを一致させる

SIMカードとスマホ本体のSIMトレイには、おもに3種類のサイズが存在します。そして、カードとトレイのサイズが異なると装着できません。格安SIMの契約を申込むときには、必ずスマホ本体のSIMトレイのサイズを確認し、そのサイズのSIMカードで申込みましょう。

すでに格安SIMを使っていて、中古スマホを新しく購入して使いたい場合にサイズが合わないときは、MVNOにSIMカードのサイズ変更をしてもらう必要があります。

[POINT3]SIMロックの状態をチェックする

NTTドコモ、au、ソフトバンクで販売されたスマホ本体にはSIMロックがかかっており、他社のSIMカードを装着して使うことはできません。そのため、格安SIMを装着して使うには、スマホ本体のSIMロックを解除する必要があります。白ロムを購入する際には必ず、SIMロックが解除されているかどうかを確認しましょう。

[POINT4]ネットワーク利用制限をチェックする

赤ロムになっていないかをチェックするということです。売り手が「赤ロムではない」と表示していても、必ず自分でもチェックしておきましょう。

まずは、スマホ本体の「IMEI」と呼ばれる個体識別番号を調べてください。中古携帯ショップやネットオークションで売られている中古スマホには、ほぼ間違いなくIMEIが表示されています。IMEIがわからない端末は購入しないほうがいいでしょう。

IMEIがわかったら、携帯電話会社のチェックページでIMEIを入力。すると、そのスマホにネットワーク利用制限がかかっているかどうかがわかります。結果は「○」「△」「×」「-」で表示され、意味は以下の通りです。

  • ○:ネットワーク利用制限がかかっていない
  • △:現在は制限がかかっていないが、今後かかる可能性がある
  • ×:ネットワーク利用制限がかかっている
  • -:そのIMEIが存在しない

「○」になっている。つまり、白ロムとして将来的にも使えることが判明している端末以外は購入を避けることをおすすめします。

  • ※本ページに記載されている情報は、2019年6月1日時点のものです。サービス提供を行う各社により、予告なく変更されている場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※ページ内に記載されている金額は特別な記載がない限り税抜表記です。